アディダスのトレーニングマットを買ったら最高でした

アディダス トレーニングマット

悪天候などで外出したくない日に、自宅で筋トレやストレッチをすることってありますよね。

最近アディダスのトレーニングマットをAmazonで買って、最高に気に入ったのでこの記事を書くことにしました。

スポンサーリンク

性能

実物 マット

サイズは183センチx61センチで、厚みが1センチ。

リバーシブルマットになっているので、表裏を気にする必要が無いのは良いですね。とはいえ、アディダスのロゴが見えるようにみんな置くと思いますが…(笑)

 

素材はニトリルゴムとかいう合成ゴムでできているとのこと。触った感覚はゴムっぽいのですが、匂いは気になりません。というか、ほぼ無い。弾力性や耐久性に優れ表面劣化を起こしにくいそうです。激しく動いてもマットがズレたりもしません。

 

ロールタイプで、広げるのも収納するのもラクです。キャリーストラップが付属しているので、外に持ち運ぶにも便利。僕は家でしか使いませんけど。

 

良いところ

とにかく痛くない。ジムの感覚がします(笑)

安めのトレーニングマットだと「ほぼ床」という感じで、無いよりマシという感じです。

でもアディダスのトレーニングマットはクッション性が高く、マットの上で膝立ちしてもうつ伏せになっても全く痛くない。本当にジムに居るような心地良さ。

初めて使った時、感激してしまいました(笑)

以前はアブローラー(腹筋ローラー)で膝コロしている時、膝が少し痛いなと感じていましたが、アディダス製の物を使い始めてからはストレスが無くなりました。

膝が痛くなくなると、本来意識すべき腹筋に集中できるので一石二鳥の効果がありましたよ。

ストレッチも快適にできて最高の気分になります。

贅沢ですが、もう1枚買って並べたら、もっと幅広い運動ができそうだなと考えています。

ニンテンドースイッチの「リングフィットアドベンチャー」をやる時などに、このマットがあると活躍しそうだと思いました。

 

悪いところ

水洗いができないことでしょうか。

簡単な水拭きくらいしかできません。それが楽で良いという人も居ると思いますけど。

他の素材のトレーニングマットに比べて高価な点もデメリットかもしれません。

その分耐久性に優れ、長く使えるなら問題は無いかなとは思います。

 

下手に安物を選ぶより安心

アディダスのトレーニングマットは値段が少し高めですが、その価値はあると僕は使って感じました。

固い床の上に敷いてもアディダス製なら快適に過ごせます。

マットが良くないとトレーニングするのが億劫に感じてしまったりしますが、アディダス製のマットを使い始めてからはトレーニングが楽しくなりました。

本当に買って良かったなと思う物でした。

トレーニングマットやヨガマットを検討している方にはアディダス製のものがオススメです。

 

タイトルとURLをコピーしました