【ピロリ菌検査】初めての「胃カメラ(内視鏡)検査」体験記

僕は2021年1月、初めて内視鏡検査を受けました。ピロリ菌が居るか検査してもらうためです。この記事はその時の体験談です。

スポンサーリンク

ピロリ菌について/検査したいと思った理由

ピロリ菌

出典:大塚製薬

ピロリ菌は人の胃の粘膜に生息する細菌だそうです。

強い胃酸でも死なず、一度感染すると除菌しない限りずっと棲み続ける。そして胃炎や胃潰瘍や胃癌のリスクを高めると。胃癌の原因のほとんどはピロリ菌だとか。だからピロリ菌が胃に居なければ胃癌になる可能性を大幅に減らせるし、一次除菌では薬を飲むだけで済む…とネットで聞いたのがピロリ菌について知ったきっかけでした。

感染経路は詳しいことは分かっていないそうですが、上下水道が整備されたいない環境で井戸水や川の水から感染すると考えられているそうです。だから若い人の感染率は低いが、幼い頃に親や祖父母から口移しで食べ物をもらって感染する可能性はあるとか。

僕の母親は既に亡くなっていて、幼い頃に口移しで食べ物をもらったことがあったのかはもう分かりません。そして母親はすごく田舎の出身で、「井戸水や川の水とか飲んでいたかも」と思ったので、心配になり検査しようと決意しました。

体験談:前日〜検査当日

まず前日ですが、20時以降は食事ができませんでした。当日も水だけ。普段食事を抜くことがほとんど無い僕には苦しい時間でした。

そして検査当日、病院に行って内視鏡検査室の前の待合所で、まずは血圧検査されます。

その後看護師から「胃の中の泡を消す薬です。まずいのですが頑張って全部飲んで下さい」と、紙コップ一杯の液体を飲まされました。見た目は半透明といったところでしょうか。少し白く濁っているような見た目です。匂いは悪くなく(むしろ良い匂い)、「そんなにまずいのかな?」と思いましたが、やっぱりまずかった(笑)。柑橘系の味だったように感じました。オレンジやグレープフルーツの美味しくないところだけ取ったような味です。我慢して飲めますが、もう飲みたくはないです。

数分後に内視鏡検査室に入り、鼻から入れるか口から入れるか問われ、僕は口からを選びました。胃カメラなんて初めてで、どっちが楽かは全く分からなかったのですが、看護師さん曰く、「人にもよるけど私は口からが楽かな」と言われたからです。

それから口を開けて喉に霧吹きでの麻酔を打たれました。これが結構まずかった。最初の紙コップの液体が楽に感じる程です。しかもこれを2回も打たれたのが辛い。まずいのが喉に入ると、どうしてもむせてしまいます。

そして体を横向きにして寝て、まずは採血です。ピロリ菌への抵抗力を調べられるそうです。それから左腕に何やら点滴みたいなものを刺されました。眠くなる薬だとか。多分鎮静剤かな?そして指に洗濯バサミみたいのをつけられ、心拍数が測れるようになりました。ドラマなんかで心拍数がプッ、プッ、プッと鳴る音を聞いたことがありましたが、自分の心拍が音で示されるというのは急病人になった気分でした。医師が来るまで僕が考えていたことと言えば、「早く帰ってご飯が食べたい」ということです。

しばらくして医師が来ておしゃぶりみたいなのを噛んで、内視鏡検査がスタート。噛んでるやつの真ん中に穴が空いていて、そこからカメラの管を通すようでした。

検査中はこんな顔だったかもしれません↓目は閉じていましたが。

内視鏡検査中

途中何度も「オエッ」てなって、その度に看護師さんが背中をさすってくれました。思ってた以上に苦しかった。2度と受けたくない検査です。

体験談:当日の検査後

検査が終わり、吐き出した薬なんかを大量のティッシュに包みました。起き上がると少しフラつきが。鎮静剤の効果でしょうか。看護師に腕を掴まれて休憩用のベッドに誘導され、そこで10分〜20分くらい休みます。(病院を出るまではまだ少しフラつきがあったように感じました。)

その後診察室に呼ばれ、医師から「見た感じピロリ菌は住んでいなさそう」だと教えてもらいました。ポリープやガンも見当たらないと。そして「血液検査の結果と合わせて改めて検査結果の説明をするので、1週間後にもう1度来て下さい」ということで、会計を済ませてクリニックを後にします。

そして食べ物に飢えていた僕は、ハンバーガーを買って帰ったのでした。

1週間後:検査結果

内視鏡検査と血液検査の結果から、改めて「ピロリ菌は居ません」と教えられました。「健康な人の胃の特徴がよく出ている」「今居ないと言うことは、これまでも居なかったし、今後も感染する可能性はほぼ無い」と。「まれに海外旅行先の食べ物などで感染することはあるけど、滅多に無い」とも。

こう言われて安心しました。ちゃんと検査して良かったと思います。

終わりに:心配な人は検査を

若い人はピロリ菌が棲みついている可能性は低いですが、幼い頃に親や祖父母から口移しで食べ物をもらった場合は感染している可能性があるようです。

ちゃんと除菌できるのにピロリ菌の存在に気付かず胃癌になってしまう人も居ます。少しでも疑念・心配があった場合は検査してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました