歯列矯正にかかる時間やお金はどれくらい?

なかなか矯正治療が終わらないカラカルです。

今回は、歯の矯正を検討している人のために僕の経験を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

いつから矯正治療しているのか

2016年7月からなので3年半以上になります。ワイヤータイプの矯正をしています。

よくイメージされる、こういうタイプの物です。

ワイヤー型矯正

 

元々の歯並びがかなり悪かったので、歯を動かすだけでもたくさんの時間を要しています。未だリテーナーにも移れず。

リテーナーというのは矯正器具のことで、歯は動かしても後戻りしようとするのでそれを防ぐためのものです。マウスピース型やワイヤー型などいくつか種類があるようです。

通院はだいたい月1ペースですね。

 

今までどれくらいお金がかかったか

現金

多くの人が気になるのはここだと思います。計算してみました。

初診矯正相談 無料
検査診断料  54,000円
矯正施術料  928,800円
通院費累計  243,700円
(全て税込み)
合計すると、1,226,500円! (2020年4月時点)

高い… 。子どもや部分的な治療だともっと安いけれど、大人が上下歯列全体の本格的な矯正治療をするとこうなってしまいます…。

しかも通院はこれからも続くので、行く度に5500円(税込)かかります。

あとこれは矯正歯科に支払った金額で、矯正に伴う抜歯・親知らずの抜歯・虫歯の治療などを別の病院でやっています。それらも含めると130万円を超えているかも。

これから本格的な矯正をしようと考えている方は100万円くらいはお金を貯めてからにした方が良さそうです。

 

矯正していて大変なこと

  • 食べ物が詰まる

一般的なワイヤータイプの矯正装置なので、やっぱり食べ物が詰まりやすい。サラダなど繊維質のものやスナック菓子なんかを食べると大変なことに…。

 

  • 食べてはいけないものがある

僕は元々口にしないので影響は無いけど、ガムやキャラメルなど粘着質なものや、氷やせんべいなど堅いものをガリガリ食べるのはダメです。矯正装置を壊す恐れがあるそうで。

 

  • 外食はしにくい(かも)

装置に食べ物が詰まりやすいので、一人ならまだしも誰かと一緒に外食というのは気が引けるかも。すぐに歯を磨けないし…。

 

  • 歯磨きが大変

装置が入っていると、1本の歯に対していろんな角度から歯ブラシを当てないとちゃんと磨けません。だから歯磨きに時間がかかります。僕は10分以上やっているかも。

 

  • 通院の数日後までは痛みがある(ことも)

毎回必ずではありませんが、施術の後というのは鈍い痛みがあったりします。それは歯が動き始めている証拠なんだそうです。経験上、長くて3日後くらいまでは痛みがありました。ひどい時には歯に歯ブラシを当てるだけで痛かったり。

 

  • 抜歯しないといけない

日本人は顎の骨が小さく、自然な歯の数では口の中がどうしても窮屈になります。そのため永久歯であっても抜歯をしないといけないと。局所麻酔で痛みはありませんが、抜いた所にご飯粒などが入ってしまうのが不快でしたね。


矯正とは関係ありませんが、歯茎に埋まっていた左下の親知らずの抜歯が特に大変だった…。(矯正を始める前のレントゲン検査で埋まっているのが分かった)

口腔外科で手術しましたが、歯を全て取り除くのに時間がかかって、口をずっと開けているのに疲れます。終わって椅子を起こされた時には、麻酔が切れていたのかもう痛いではないですか。

処方された痛み止めを飲んでも効かず、その日はずっと口の中が痛いということしか考えられなかった。(にも関わらず、空腹に耐えかねハンバーグ弁当を買って帰って食べるという暴挙に出る。まだ出血も止まっていなかった)

 

そして翌日、経過観察と傷口の消毒のため再び口腔外科へ。

カラカル「まだ痛いです。」

先生  「もっと強い痛み止めを出しますね〜。」

カラカル「それがあるなら最初から出せ!」(心の声)

話が逸れましたが今ではいい思い出です笑

 

なぜ矯正したかったのか

目を閉じるブチネコ

  • 歯並びが悪いとちゃんと磨けない(虫歯や歯肉炎になりやすい)
  • 咀嚼能率が悪い(しっかり噛み砕けないと胃や腸の負担が大きくなる)
  • 発声に大きな影響を与えるらしい

僕の場合は見た目を気にしてというより、健康のためには歯並びがとても大事だと感じたからです。人目に付くのは上の前歯くらいのもんで、そこはそんなに悪くなかったので。(少し出っ歯ではあった)

一生この悪い歯並びで歯磨きを続けないといけないというのが耐えられなかった。それが最大の動機だったと思います。

大金を使うことに不安はありましたが、やっぱりやるなら早い方がいいだろうと。でも何歳からでも始められますので大丈夫です。

 

やっぱり歯列矯正を始めて良かった

矯正では多くの時間とお金がかかるのは確かです。それでも始めて良かったと思います。

装置が口の中に入っているのは大変ではありますが、一生続くものではないし、デコボコだった歯並びがきれいに整ってくるのは少し感動的です。

口の中から装置が無くなる日を気長に待ちたいと思います。

もし歯列矯正をするか迷っていたら、まずは矯正専門医に相談してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました