【改悪】「楽天ゴールドカード」を持つメリットが無くなります

「楽天ゴールドカード」の楽天市場でのポイント還元率の低下というニュースが先日ありました(※2021年の話です)。僕もこのカードを2年以上使って来たので、とても残念なニュースです。いわゆる楽天経済圏でポイントを稼いでいる人には痛手です。

今回は楽天ゴールドカードの変更点の確認や、今後どうするかについて書きます。

スポンサーリンク

結論:「楽天ゴールドカード」を持ち続けるメリットは薄い

まず、楽天ゴールドカードをそのまま使い続ける選択肢は無いと思っています。

楽天ゴールドカードの変更点は以下の通りです。

2021年4月1日から、楽天市場で「楽天ゴールドカード」を使う際のポイント還元率が「+4%」から「+2%」に下がります。

年会費無料の楽天カード(シルバーカード)と同じポイント還元率になります。

代わりに、「お誕生月サービス」という特典が加わり、毎年誕生月に楽天市場・楽天ブックスでポイント+1%になるとか。しかし上限が2000ポイントなので、年会費の2200円をポイントで取り戻すことができません。それに、1ヶ月で20万円(20万円の1%が2000ポイント)も買い物する人なんてあまり居ないのではないでしょうか。

2021年4月1日以降の「楽天ゴールドカード」のメリットをまとめるとこうなります。

  • 誕生月に楽天市場&ブックスで+1%のポイント還元(上限2000ポイント)
  • 国内空港ラウンジが年2回無料
  • ETCカードが無料(通常は税込550円)
    ただし、「楽天カード」でも会員ランクがダイヤモンド・プラチナなら無料にできます
  • 紙での明細書の発行が無料(通常は1回税込84円)

いかがでしょうか。年会費2200円がかかるカードとしては、メリットが薄いなと感じるのでは。僕は感じます(笑)

だから問題は、カードを解約する or 「楽天カード」または「楽天プレミアムカード」に切り替えるかになりますね。

僕は楽天証券で投信積立をするのに楽天カードが要るので、カードの解約はしません。

「楽天カード」か「楽天プレミアムカード」を選ぶ

「楽天カード」と「楽天プレミアムカード」を表にして比較してみました。

項目楽天カード楽天プレミアムカード
年会費無料11,000円(税込)
ポイント還元率1%1%
楽天市場での還元率+2%+4%
特典特に無し
  • お誕生月サービス
  • 選べるサービス
国内空港ラウンジ有料無料
海外空港ラウンジ有料プライオリティ・パス無料
国内旅行保険無し自動付帯
海外旅行保険利用付帯自動付帯
ETCカード550円(税込)
会員ランクがダイヤモンド・プラチナの人は無料
無料
紙明細1回84円(税込)無料

「楽天プレミアムカード」の特典についての補足です。

  • お誕生月サービス
    誕生月に楽天市場・楽天ブックスでポイント+1%(上限10,000ポイント)
  • 選べるサービス(3コースの中から選びます)
    【楽天市場コース】
    毎週火曜・木曜は楽天市場でポイント+1%
    【トラベルコース】
    楽天トラベルオンライン決済でポイント+1%、手荷物宅配サービス
    【エンタメコース】
    楽天TV & 楽天ブックス利用でポイント+1%

 

どちらのカードにするかは、以下の点に集約されそうです。以下のどちらか1つでも当てはまれば「楽天プレミアムカード」、当てはまなければ「楽天カード」が良いのではないでしょうか。

  1. 楽天市場で年間55万円以上買い物するか
  2. 海外への旅行や出張によく行くか

1つ目の点ですが、プレミアムカードは年会費11,000円で楽天市場のポイント還元率+2%なので、年間55万円の買い物で年会費分のポイントを取り戻すことが出来ます(55万円の2%が11,000ポイント)。だから楽天市場での買い物がとても多い方には保有メリットがありますね。お誕生月サービスや楽天市場コースの+1%も加味するなら、楽天市場で年間366,667円の利用で年会費の元は取れます(366,667円の3%が約11,000円)。しかし誕生月だけ、あるいは火曜・木曜だけという縛りがあるので、使い勝手は良くないかもしれません。

2つ目の点で重要なのは、プライオリティ・パスが無料というところ。これを自分で申込むと日本円にして4万円以上もします。これが11,000円の年会費で持てるのだから、それだけで元は取れます。

プライオリティ・パスは世界中の空港ラウンジを使える会員サービスですね。詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみて下さい。

プライオリティ・パス以外でも海外旅行保険が自動付帯であるので、やはり海外へ行くことの多い方はプレミアムカードのメリットが大きそうです。

もう楽天系のサービスは使わない!という方は解約もアリですね。しかし楽天ゴールドカードを持っていた人は楽天経済圏に入り込んでいる人が多いと思うので、カードの解約までする人は少ないのかなぁと勝手に考えています。

僕は「楽天カード」へグレードダウンします

僕はプレミアムカードを持っても、支払う年会費(11,000円)に見合うメリットを享受できないので、年会費無料の楽天カードに切り替え申込みをしました。年会費無料になるので気楽で良いです。

3月31日までに申込みをすれば、4月以降の年会費を返還してもらえるので、忘れずに手続きしましょう。これから「楽天ゴールドカード」に新規で申込んでしまうと、年会費の返還は無いので、これから楽天カードを作ろうという方は注意して下さい。

6/2追記:新カードが届きました

僕は5月下旬に新しい楽天カード(シルバーカード)が届きました。

その10日ほど前に、『楽天カードへの切り替え手続き開始のご案内』という件名のメールが来て、「2021年5月24日以降、楽天ゴールドカードはご利用いただけません。切り替え後の楽天カードは1週間〜2週間でご登録自宅住所へお届け予定となります。」と。

いや、新しいカードが届いてから既存のカードを利用不可にして下さいよ(笑)。僕と同じ感想を抱いた方が多くいらっしゃるようです。中には楽天市場で買い物しようとしたら使えなくなっていて”キー”っとなった方もいるとか。それは確かに腹が立ちます。

メールにも「楽天カードが届くまでの期間、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。」との一文が。

自覚があるではありませんか(笑)。楽天ポイントの実利的メリットが絶大なので縁を切ることはしませんが、何だかなぁと思わせる対応でした。

タイトルとURLをコピーしました