【4年もかかった】矯正装置を外してリテーナーに移行できた

2016年7月からワイヤーの歯列矯正を始めて、2020年7月にようやくリテーナーに移ることができました。その体験談です。

ちなみにこの記事は、以下の記事の続きの話になります。

スポンサーリンク

リテーナーとは

リテーナーは保定装置のことで、歯並びを整えても歯は後戻りしようとするので、それを防ぐための物です。

僕が装着させられたのは透明のマウスピースタイプでした。

こんな感じの物ですね。実際は上下の2つです。

マウスピース型リテーナー

食事、歯磨き、水泳時以外はずっと着けるようにとのこと。泳ぐ時にダメなのは雑菌が入るからかな?と思いましたが、「海やプールで外れてしまうと絶対見つけられないからです」と教えてくれました。なるほど。「だからお風呂では着けたままでも大丈夫です」とも。

他にもピンク色の床(しょう)が付いた「クリアボウリテーナー」というのもあるようです。

こんな感じの物らしいです。これで歯を固定されたら痛そうです…。

クリアボウリテーナー

 

詳しくないので簡単に調べてみたら、マウスピースタイプは型を取ればすぐに作成可能で、歯全体を覆うため歯並びを固定する役割が強いとか。

クリアボウリテーナーは噛む面が覆われていないので、噛み合わせをきれいに保つ効果があるようです。こっちは外注して作るようで、作成に1ヶ月くらいかかるようです。

今後はクリアボウリテーナーを併用することもあるのかもしれません。

次回また歯型を取るとのこと。前回は今使っているリテーナーを作るため。次回は模型を作るためだと。あれけっこう苦しいから嫌。

 

歯列矯正にいくらかかったか

1万円札をばらまく

2016年6月から2020年7月末まで、矯正歯科にいくら払ったのか計算してみました。

初診料 無料
検査料 54,000円 (初期費用)
治療費 928,800円 (初期費用)
通院費 266,270円 (行く度にかかる)

合計  1,249,070円(税込)

約4年で124万円以上も支払いました。大人になってからの歯列矯正は高くなりますね…。

上記の金額は矯正歯科に払ったもので、違う病院の口腔外科で抜歯や虫歯治療を行っているので、それを含めると130万円を超えているかもしれません。そして今後も矯正歯科への通院は続きます…。

歯列矯正にはお金も時間もかかりますが、体の健康のためには歯はとても重要だと考えているのでやって良かったとは思いますけど。

 

リテーナーもちょっと痛い

装着して数日しか経っていなくて慣れていないからかもしれませんが、ちょっと痛いです。

矯正装置の時も通院後の数日は鈍い痛みがありました。ひどい時は歯ブラシを当てるだけでも痛かったり…(苦)

リテーナーでも押さえつけられる痛みがあります。歯が後戻りしようとしているからかもしれません。

ワイヤー時は「早くリテーナーにならないかな」と考えていましたが、今では「早く寝る時だけにならないかな」とばかり考えます。

しかし数日が経ったら装着時の痛みは無くなりました。

 

矯正装置(ワイヤー)が外れると口の中はスッキリ

ワイヤーの時はとにかくよく食片が詰まります。

装置を外してからは(食事中はリテーナーを外すので)全くどこにも食片が詰まらず快適です。

こんな感覚は大人になってからは初めてです。歯並びが酷かったので、矯正を始める前でもよく詰まって不快でした。でも矯正装置を外されたらそれが一切無い。なんだか自分の歯じゃないみたいです。笑

矯正する前の歯並びは、やや出っ歯・下の前歯が前後に2本生えてる所があった・右下の奥歯が前方に向かって傾いて生えてる・右下親知らずが外側に外れて生えてる&右上奥歯が外側に向かって斜めに生えてる→上下の歯で口の中を噛んでしまう・噛み合わせは左はあってるけど右が合ってない・親知らずが4本全てある上、左下に至っては歯茎に埋まっている……という酷いものでした。

これらが全て解決したので、やっぱりやって良かったなぁと思います。

 

リテーナーに移ってからの方が不便かも

ワイヤーの時は詰まりやすいのが難点でしたが、すぐに食べ物・飲み物を口にできます。

しかしリテーナー装着時は、水以外を口にする時は必ずリテーナーを外してからにしないといけません。そしてその後歯磨きをしてからリテーナーを装着し直します。

これがなかなかめんどくさい。

例えば、家の外でお茶を出されたりしても飲めない。人前でリテーナーを外すのは無理です。唾液がべったりですからね。その場で歯磨きもできませんし。

水以外の飲み物や菓子を出されても断るしかないのは残念。知識の無い人にいちいちリテーナーを使っていることや、リテーナーが何なのか説明するのも面倒。

人前でリテーナーを外せないしすぐに歯磨きができないので、外食は厳しいです。僕は元々外食がほとんど無いのでまだマシですが…。(ほんの数時間なら、家で外して行くのもアリかも?)

いずれは寝る時だけの装着になると思いますが、それまではワイヤーの時以上に面倒で不便な生活になります。家の外で食事することが多い人には大変です。

 

気長に治療を続けるしかない

ここでリテーナーを使うのをサボると歯が後戻りして今までの苦労が水の泡になるので、1日のほとんどをリテーナーと共に過ごしています。

最初の半年くらいが特に後戻りしやすいそうです。

矯正を始めた頃に比べたら格段に良くなっていることに喜びながら、気長に今後も治療を継続しようと考えてます。

進展があればまた何か書くかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました